ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月4日の小野絢子さんレポート、まだ続きます!
来月、本公演を控えている早稲田大学バレエサークルCielは、
小野絢子さんにリハーサルも指導して頂きました!
なんと幸せな学生たち!!!!

早稲田大学バレエサークルCielでは、
10月8日に『ラ・バヤデール』全幕を踊ります。
http://ciel2007.wixsite.com/wasedaballet

演目を決めるのも、
レッスンも振付も、
レッスン場の確保も、
衣裳の準備も舞台会場も、
チケット販売もプログラム制作も、
すべて自分たちで作り上げるバレエサークル。

学生たちの舞台を作り上げる活動を知り、
小野絢子さんもぜひ応援したいと、
基礎レッスンとリハーサルを指導して下さることになりました。

20160904_0936minic.jpg

90分のリハーサル時間で、
第3幕の影の王国の場面を見て頂くことになりました。
美しいコール・ド・バレエが見どころですが、
細かいテクニックもたくさん入っています。
また、ソリストたちも難しい振りが満載。

列を揃えるコツや腕の使い方、
体の向きなどを丁寧に教えてくださいました。

20160904_0964minic.jpg

顔のつけ方や首の角度なども、
コール・ド・バレエを揃えるには大切です。
ソリストだけでなく、コールドの一人ひとりがきちんと踊ること、
それが舞台全体の質を高めることに繋がるのだと思いました。

小野さんのアドバイスで、
すぐに踊りが変わっていく学生たちを見て、
指導力の素晴らしさを感じました。
周りで見ている学生たちにも、きっと伝わるものがあったはず!

この貴重なリハーサルでの経験を
ぜ~んぶ吸収して、噛み砕いて、
さらに練習を続けて、
良い舞台にして欲しいです。

★10月8日(土) 第10回本公演
 演目:小作品、ラ・バヤデール全幕
 会場:和光市民文化センター
http://ciel2007.wixsite.com/wasedaballet

小野絢子さんの指導でのアドバイスは、
そのうち少しずつアップしますね!
それにしても絢子ちゃんがあまりにも美しくステキなので、
ますますますます惚れてしまいますー。
大人バレエの初心者にとっては、バレエ用品店って入りづらい・・・
おだんご頭の少女たちがたくさんいたり、
キレイなレオタードが並んでて、なんとなく敷居が高く、
入りにくい雰囲気がありますよね。

そんなニーズを受けて、
毎年、バレエ用品店ショッピングツアーをやっています!

 

大人になってからバレエを習い始めると、
動きやすいスポーティーな服装の方が多いですが、
半年くらい経つと、だんだん踊れるようになってきて、
着るものにもこだわりたくなります。
スカートやレオタードだけでなく、
ニットの上着やシューズ入れやストラップなど、
今は大人向けのおしゃれなレッスン着がたくさんあります。
せっかくバレエを始めたのなら、おしゃれも楽しみたいですよね!

fc2blog_20150608083246883.jpg

渋谷にあるチャコット本店は、私が子どもの頃から何度も通ったところ。
昔とは比べものにならないほど、シューズやレオタードがたくさんあり、
アウターや化粧品、雑貨などのラインナップも多く、
見ているだけでも楽しくなってしまいます!

1階は、素敵なウェアがたくさん並んでるし、
2階は、ヨガグッズや普段使いにもオススメの化粧品があって、
3階は、ポワント(トゥ・シューズ)とバレエシューズがずらりと並んでる。
それと、地下1階には子ども用のウェアとCD・DVDや書籍があります。

20140401112515mini.jpg

この春から、ポアント(トウ・シューズ)を履く方がいらっしゃるので、
たっぷり1時間半くらいかけて、足にフィットするものを選びました。
今回は、私が見ながら選びましたが、
お店にはちゃんとシューフィッターさんがいらっしゃるので、
初心者の方が一人で買いに行っても大丈夫。
平日の早めの時間なら、待たずにすぐ見てもらえるようです。


このショッピングツアーは、
今までお買い物の後にランチ会だったのですが、
今回は、VIRONで朝食を頂いてからお買い物をしました!

20160309ob1.jpg

ヴィロンの朝食は、2,160円。12月から値上がりしたようです。
パンは、バゲット・レトロドール、セレアル(穀物入りパン)の他に、
ヴィエノワズリーを2種類選べます。
運ばれてきたコンフィチュールは、
ルバーブやアプリコットなど6種類のジャムと、蜂蜜とチョコクリームで、
たっぷりーと好きなだけつけ放題!
それに、オレンジジュースとコーヒーがついてます。

美味しい朝食と楽しいおしゃべりであっという間に時間は過ぎ、
大人のバレエサロンならではの美味しいショッピングツアーでした!
ポアントのレッスン、楽しみですね~
保育つきバレエサロンにいらしているママたちと、
大人のバレエサロンにいらしているママたちと、
たまには夜におしゃべりしたいと思い、
新年会を企画しました!
20160130hb1.jpg

いつもは、レッスン後のティータイムで、
子育ての悩みを共有できる場を作っています。
20151217hb1.jpg
おしゃべりの中で、いろんな情報交換ができるのが、とても好評です。
幼稚園のこと、イヤイヤ期のこと、
ママ友のこと、子どもの躾のこと・・・
些細な悩みを言い出したらきりがありません。
一つひとつは大したことない小さなストレスですが、
毎日毎日溜まっていけば、大きくなってきます。

たまには、ママだって飲みながらお話ししたいよね、
という気持ちは、ごくごく当たり前のことだと思います。

バレエサロンが新年会を企画することで、
友達との遊びではない出かける理由ができるので、
子どもを夫や家族に預けるのも言いやすくなると思うのです。

20160130hb3.jpg
ワインアドバイザーのママさんがいらしたので、
何本かワインをお見立ていただいて、
解説を聞きながら、美味しいワインを頂きました。

20160130hb2.jpg
<白鳥のマイムをしているつもり>

20151222ob1.jpg
<ピアノでのレッスンはこんな感じ>

いつもバレエサロンのティータイムで、
美味しいハーブティーとスイーツを出して下さる
茶木さんもいらして下さいましたし、
子どもたちが楽しく過ごすことができる保育を担当している、
ネットワークBearの古澤さんもお仕事の帰りに駆けつけてくださいました。

ママたちみんなが、ハッピー子育てをできる社会は、
育休とか産休とかの社会的な制度も必要だし、
保育園や児童館もすごーく必要ですが、
それらとともに、
家族の理解や協力もとっても大事だし、
身近な地域で、子育てに関わってくれる沢山の人がいる、
ということがとてもとてーも大事だと思います。

ただの「保育つきバレエ教室」というサービスだけでなく、
ハッピー子育てに繋がるきっかけづくりの場にしたい、
というのが、この事業の本質です。

今回の新年会は、20名以上の方々がいらして下さいました。
今まさにバレエサロンでお子様を預けているママや、
イヤイヤ期で悩んでいるママだけでなく、
今はバレエサロンに通ってきていない先輩ママや、
小学生のママや中学生のママも、
みんなでいろんなおしゃべりをしながら、
とても楽しい時間を過ごすことができました。

また明日から、
楽しく子育てするキラキラしたママたちが
社会を明るくしてくれるはず!
バレエサロンの新年会でした。
年が明けてから、もう半月が過ぎました。
保育つきバレエサロンの冬コースは、
12月から始まって3月上旬まで続きます。

保育バレエBクラスは、小野朝子先生のレッスンで、
毎回とても楽しくバレエの基礎を教えてくださいます。


<肩の構造を説明する朝子先生>

先日、私は解剖学講座を受けて勉強しましたが、
朝子先生も、いろいろな言葉を使って、体の動きを説明して下さいます。
美しさを保ちながら、体を自由に動かすにはどうしたらいいのか?
ダンサーたちは、鏡と自分の身体と向き合いながら、毎日毎日レッスンをします。

大人からバレエを始められる方を指導する時には、
美しく健康になって頂くためにバレエの手法を活かしますが、
身体に無理な形や動きにならないように、
指導者も気をつけなければなりません。

20160114hb1.jpg
<最初はラジオ体操から始まる>

ツンデレ先生のバレエサロンでは、毎回ラジオ体操からスタートします。
大人になってから始めてバレエを始められる方も必ずできますし、
ウォームアップにはちょうどいい運動だからです。
バレエ的ラジオ体操のツボの記事はこちら★からどうぞ。
とってもいい運動になりますよ。

20160114hb4.jpg
<ティータイムのプチスイーツが嬉しい>

レッスンの後は、おしゃべりティータイム。
朝子先生のレッスンのこととか、
年末年始のお話とか、
いろいろおしゃべりしてリラックスできました!

20160114hb3.jpg
<帰りのご挨拶の様子>

久しぶりの保育だったので、
子どもたちはママと離れる時にちょっと泣いてしまいましたが、
ママたちがお迎えに来るころには、みんな笑顔でした!
 ちゃんとママが迎えに来てくれる、
 お友達と一緒に楽しい時間を過ごせる、
ということが理解できれば、
小さな子どもでも、自分の時間を自分なりに過ごすことができます。

あと3回の保育バレエで、
子どもたちはもっともっと楽しく遊べるようになるでしょうし、
ママたちももっともっと上手に踊れるようになるでしょう!
朝子先生クラスの踊りの完成が楽しみです。
保育つきバレエサロンの冬コースが始まりました!
Bクラスは満員となり、Aクラスはまだ少し空きがありますが、
子どもたちにはお友達と楽しい保育タイム、
ママたちには楽しくて厳しいレッスン時間を、
それぞれ過ごしてもらいたいと思っています。


<紙芝居に夢中の子どもたち>

初めて何かを始めたり、新しい場所へ行くと、
大人だって、緊張するし、ドキドキしますよね。
ましてやママから離れて過ごす子どもたちは、
保育ルームに入る時に大泣きしてしまうのは当たり前です。
それでも、4回くらい通うと少しずつ慣れてきます。
ママが必ずお迎えに来てくれることを理解して、
お友達や保育の先生が優しいってわかってきて、
一緒に遊べるようになってくると、
「ママ、行ってらっしゃい」と笑顔で保育室に入ってくれるようになります。

20151203hb1.jpg 20151203hb5.jpg

ママバレエBクラスの先生は、
丁寧で楽しいレッスンをしてくれる小野朝子さん。
楽しく笑いが絶えないレッスンですが、
やっている内容は、けっこうキツイんです・・・。

20151203hb4.jpg

隔週で6回連続で通うコースですが、
毎回、1分程度の踊りを完成させます。
今回は、バレエ「こうもり」の中から1曲。
さて、6回目にはどんなふうになっているかな?

公共施設の会議室でやっているので、
「バレエ」としての環境は整っていませんが、
椅子や机を活用してバー代わりに使っています。
鏡はありませんが、先生の姿が鏡なので問題ありません。
先生みたいに踊れてると思って、
楽しい良い気分でレッスンをしていただければいいのです!

20151203hb2.jpg

レッスン後は、おしゃべりティータイム。
お子様を預けて、自分だけの時間をほんの少し過ごして頂くだけで、
気持ちがリフレッシュされてパワーチャージ!
子育ての悩みも先輩ママに相談できるし、
同じ悩みを抱えてるママがたくさんいるって知るだけでも、
気持ちが楽になることもあります。
「○○ちゃんのママ」ではなくて、
一人の女性としての時間を過ごしてもらうティータイムです。

隔週たった2時間だけですが、
子どもたちは6回の間にお友達と遊べるようになり、
ママはちょっと踊れるようになって、
晴れやかな姿勢美人になるはずです。
これから3か月間の冬コース、
ママと子どもたちを応援する保育バレエ、頑張ります!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。