ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
今年も3日から始動しました。
2年前から、毎年お正月は、
佐藤愛さんのバレエ解剖学セミナーを受講しています。
Dancer's Life Support.com

1月3日と4日に、佐藤愛さんによる
・ウォームアップ
・クラシックバレエの基礎レッスン
・男性のヴァリエーション
・女性のトウ・シューズクラス
を見学させて頂きました。

受講者は、バレエ留学を目指す、
14歳~20歳の若いダンサーたち20名。
私は大人にしかバレエを指導していませんが、
どのようなウォームアップをして、
どのようなレッスンで、
どんな言葉をかけ、
何を伝えるのか、
佐藤愛さんの指導から多くのことを勉強させて頂きました。

20160904_0665minic.jpg
<写真はセミナーとは関係ありません。小野絢子さんのレッスン風景>

4日間の集中レッスン後、最終日はデモンストレーション。
子どもたちの成長がよく見えました。
愛さんもおっしゃっていましたが、
レッスンをやっている最中は、
全員一生懸命ですし、真面目に取り組んでいます。
しかし、レッスン前やレッスン後の自習時間に、
何を考えて、どんな練習や行動をしているか、
これが、大きな差になっていくのだと実感しました。

先生の前でレッスンするのは、1日のうちの数時間程度。
レッスンしながら気付いた弱点や欠点を改善していくのは、自分です。
 自分の時間をどう過ごすか?
にかかっています。

自分の身体と向き合って、
コツコツと努力し、
少しずつ改善していくのは、
時間も労力も気力もいる、
とても大変な作業です。
しかし、ダンサーやアスリートとして成長する為には、
この作業から逃れることはできません。

私がトレーニングをしている選手たちは、
中学生から大学生までいますが、
この作業ができる選手は、確実に体が変わっていきます。
 自分がどうなりたいのか?
という目標に向かってしている努力は、
ちゃんと成果として見えてくるものなのだということを、
今回の見学で実感しました。
(トップアスリートやトップダンサーになれるかどうかは別問題ですが…)

20160904_0781minic.jpg

このことは、指導者の責任が非常に重大であることでもあります。
 どのような知識を持ち、
 どういうタイミングで、
 どんな言葉を遣って、
 何を伝えるか?

指導者の言葉は、
生徒に大きな影響を与えます。
若い才能あるアスリートやダンサーと関わる立場であるならば、
勉強し続けなければなりません。

今年も、多くの方にご指導いただきながら、
いろいろな分野から何でも吸収し、
学んでいきたいと、
気の引き締まるスタートでした。
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する