ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンス解剖学を学び、
なんとなーく理解してきたところで、実践!
DLSの「マスタークラス」というものを受講してみました。

20160106DLS7.jpg

大人向けバレエレッスンで指導しているくせに、
自分自身のレッスンはほとんどやっていない私。
骨盤の動きが見える格好で」というオーダーに真っ青。
いつもスカートで隠しているこの大きなお尻を見せるというのか・・・Σ(´Д`lll)エエ!!
勉強だからーと自分に言い聞かせて、
恥を忍んでレッスン受講しました。

これがめちゃくちゃキーツーイー!!!

確かに、解剖学的には骨盤は動かないはず・・・
でも、実際にやってみると動いちゃう。
なんで?

確かに、解剖学的には外旋筋を使っているはず・・・
あれ、筋肉がゆるんでる。
なんで?

確かに、解剖学的には重心の位置が変わらないはず・・・
むむ、後ろ重心になってるじゃん。
なんでー??

たった15分程度のバーレッスンなのに、
大汗ですよ。
はぁーーーーーバレエって難しいのねーー
って改めて実感してる場合じゃない!

これだけ難しいことを生徒に指導しなくてはならない立場でありながら、
正確にやるとこれだけ難しいテクニックであることを自ら実感することで、
かける言葉や伝え方、タイミング、要求するレベルが変わってきますよね。

できているつもりで、できていない。

これがバレエを学んでいく上で永遠のテーマですな。
完璧と思えることなんか絶対にない芸術の世界。
だからこそ面白いんですけれど。


偶然にも、セミナー受講者の中に、
元新国立劇場バレエ団ソリストだった西山裕子さんがいらっしゃいました。
現役時代、彼女と一緒にレッスンさせて頂いたことがあり、
こんなに美しく、正確に踊れるダンサーがいるんだと感激したのを思い出しました。
今は、ママになられて子育てとバレエのご指導をされてますが、
相変わらず、とても美しくて正確なレッスンでした。

20160106DLS6.jpg

次回は、5月のGWにまた受講したいと思っています。
愛さん、本当にありがとうございました!
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。