ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
  • 欲張りバレエ鑑賞!近代バレエの名作3本立て「トリプル・ビル」

新国立劇場バレエ団の「トリプル・ビル」を観てきました。
20世紀につくられた素晴らしいバレエの名作3本立ての贅沢な舞台。
今回は、小野絢子さんと本島美和さんへのインタビュー記事を
プログラムに掲載して頂きました!



1本目は、
20世紀最大の振付家ジョージ・バランシンの「テーマとヴァリエーション」。
バランシンのバレエと言えば、「見る音楽」とも言われるほど、
音符一つひとつに振付がされていて、
ダンサーの足捌きが細かく要求されるものが多い。
出演者全員に高いレベルの技術が必要とされるので、
実力あるダンサーが何人もいるバレエ団でないと踊りこなせない。

20150322ba2.jpg
<小野絢子さんのインタビュー記事>

「テーマとヴァリエーション」は、
チャイコフスキーの美しく壮大な音楽にのせて、
ダンサーの美しさを思う存分楽しめる華やかなバレエ。
バレエ好きの人でも、初めての人でも、誰でも楽しめると思う。
ストーリーや動きの意味はないので、
純粋に音楽とダンサーのテクニックや美しさを観られる。

端から端まで男女ともに踊れるダンサーが揃えられる
新国立劇場バレエ団ならではの演目。
さすが!でした。

1978年のアメリカンバレエシアターの映像が落ちてたのでご紹介。
バリシニコフのバリエーションは、今でも感動します。



2本目は、
スペイン生まれの振付家ナチョ・ドゥアトの「ドゥエンデ」。
「ドゥエンデ」とは、スペインに伝わるいたずら好きの精霊のことで、
日本で言う座敷童みたいな感じかな。
なので、ダンサーの動きやポーズが、
空想上の生き物を表す面白いものが多い!

コンテンポラリーバレエは、
ちょっととっつきにくいイメージがあって、
日本人には理解できないんじゃないか、
意味がよくわからないんじゃないかって思ってた。

でも、本島さんにインタビューして、とても面白い作品だと分かった。
ダンサーの究極の身体の使い方や美しさを観るだけでも、
ドビュッシーの美しい音楽を聴いているだけでも、
衣裳と光の美しさを観ているだけでも、
ただ観客席で観て感じることを受け止めればいいと教えてもらって、
何も考えずに気楽に観て楽しむことができた。

ダンサーの息遣いも伝わってくるし、
身体のラインの美しさも計算されているみたいに引き立つし、
観たこともないようないろんな動きやポーズがあって、
本当に精霊が降りてきたような幻想的な作品でした。

20150322ba3.jpg
<本島美和さんには初めてインタビューしました>

3本目は、本邦初上演!
ロバート・ノースの「トロイ・ゲーム」。

男性だけで踊られるこのバレエは、本当に面白い!
ダンサーたちにとっては、体力的にも技術的にもかなりキツイだろうけど、
コメディ・バレエのような感じで、とっても楽しい。

最初、衣装がだっさーと思ってしまったのだけど、
体操競技を観ているような感じで、
男性の肉体美に惚れ惚れするし、
ジャンプ、回転、ステップ全部が男性の力強さを表現してて、
ダンサーってこんなこともできるんだーすごーい!
てな具合に、驚きと笑いが散りばめられていて楽しかった。


それにしても、席がガラガラなのが残念すぎる。
中劇場の土曜の昼間だというのに、空席多すぎ。
そもそも「トリプル・ビル」ってタイトルがひどい。
まったく作品の良さを伝えていない。
英語圏の人なら意味が分かるだろうけど、
一般の人が聞いたら、「トリプル・ビル」っていうバレエ作品かと思うよね。
新しいバレエを紹介する素晴らしい機会なんだから、
もっと一般の人たちにも分かりやすいネーミングで、
作品への愛がこもったタイトルにしてほしい!
滅多に日本で観られない贅沢な3本立てバレエを上演してるんだから、
もっとチケットを売る努力をして、税金や寄付金の無駄遣いをしないで頂きたい。
バレエ文化を振興するというミッションをしっかり全うして頂きたい。

私に言ってくれれば、いくらでもプロモーションイベントするのになぁ。
お金をかけなくても、広報や宣伝できることはあるのになぁ。
ほーんとすごーくもったいない。
前例のないこと、面倒なことはやらない的な雰囲気が漂っている…
チケットの売りやすい古典バレエばっかり上演する方向へ流れていく…
国立にしかできないビジョンを見据えてやってもらわないと、
日本のバレエ文化は、いつまでたっても「古典バレエ」から発展しないよ。
関連記事

コメント

トリプル・ビル、ほんとにガラガラでしたね。
中劇場なのに・・・。


観ないのがもったいない!、ってくらい、面白かったです。


私は、チャイコ×バランシンのバレエが大好きで、
今回、絢子さんが躍っているのを見ることが出来て、
感激でした。

福岡君も、さすが。

後半、音楽の盛り上がりとともに、絢子さんが熱くなっていく感じが良かったなあ。
というか、難しいバレエ、ですね。(笑)


ドゥエンデ、訳分からないながらも、
面白く観ました。

ダンサーが皆さん上手で、引き込まれていくばかり。
横で連れが寝てましたが。


トロイゲーム、サービス満点でしたね。
笑ってしまいました。
連れも楽しかったようです。


中劇場、小劇場での公演は、
いつものダンサーがまじかで見られ、
1人1人にスポットが当てられるので、
新国立のダンサーを理解できる良い機会なんですけどね。


そ、新居さんをお見かけしました。
季節の変わり目につき、ご自愛ください。

うめのすさん、コメントありがとうございます。バレエのいろんな魅力が一度に観られる素晴らしい公演でしたよね〜。小作品集は、ダンサーもエネルギーを注ぎやすいですし、観る方も気軽に鑑賞できて楽しいです!
こういう作品が広く一般の方々にも認知されていくようにバレエ文化を振興してゆくのも、新国立の使命だと思うのですが…。代理店とか使わなくても広告の方法は工夫次第であると思いますが、新しいことにチャレンジする前にリスクを考える組織文化なのかもしれないですね。あるいは、芸術家思考が強すぎて我が道を突っ走ってるか?うーむ…本当に残念。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する