ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
身体がかたくて開脚できない!
という人へ。

大人になってからバレエを始める人だけでなく、
最近は、小学生でも股関節が超かたい。
長座で座れないとか、開脚が60度くらいしか開かないとか・・・。
身体の中心にある最も大きな関節である股関節がかたいと、
骨盤の周りの筋肉がうまく使えません。
下半身の動きの範囲が狭くなって、
姿勢が悪くなり、転びやすかったり、腰痛が出たり、
いろんな怪我や傷害に繋がっていきます。

体幹を鍛えれば良いってことではなくて、
まず、関節の可動域を広げた上で、
正しい骨の位置を保つ筋力を鍛えなければ、
身体の動きに使える筋肉はつかないんですよ。
かたい身体で筋トレして、無駄な筋肉をつけるってことは、
身体に錘をつけてるのと一緒です。

よく見かけるのが、
無理にたくさん開脚しようとして、
やり方を間違えて、動きに使えない開き方をしてるとか、
股関節を痛めたりとか。。。

かくいう私も子どもの頃は身体がかたくて柔軟が大嫌いだった!
今でも好きではないんだけど。
でも、年齢とともに、身体はどんどん硬くなるので、
ちょっとした運動やストレッチはしておくべき。
気が向いたときにやるだけで、現状維持はできるかも。
もうちょっと頑張れば、今より柔らかくなるはず。
ダイエットと違って、柔軟性を上げるストレッチは、
努力した分、必ず成果が表れるので、やりがいはあると思う!

130312blog4.jpg
まずは、片足だけ横に伸ばして、
もう片方の足はアグラをかくように曲げる。
そして、曲げてる足側の手を上に伸ばしてから、
伸ばしてる足の方へ横曲げ~。


130312blog3.jpg
次に、身体を前へ曲げる。
お尻は、両方とも床につけておくのがポイント。
特に、伸ばしてる足のヒザが天井を向いてること!!
ヒザが前に倒れてきたら、意味ないですからね。



もう少し負荷をかけても大丈夫そうなら、
2人組でやる方法もある。

DSC_0300mini.jpg
下の腕を少し引っ張るようにして、
胸を前に向けながら、脇を少し押してあげる。



必ず反対の足も同じようにやること。
バレエは左右同じように練習するのが鉄則。
バランスが悪くなると、いろんなところに歪みが出てきちゃう。

DSC_0298mini.jpg
<小美玉フットボールアカデミーの選手たちも柔らかくなりました>

これがラクラクできるようになったら、
両足の開脚に挑戦してみて!
ヒザの向きは天井ですよ~
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する