ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
  • バレエ的ラジオ体操のツボvol.3 胸反らしは背中を意識

ラジオ体操で姿勢を良くしたい!
という人へ。

大人になってからバレエを始める理由の中で、
「姿勢を良くしたい!」
という方はとても多いです。
姿勢が悪いと、
肩こり、腰痛、膝痛などの症状が出るだけでなく、
洋服の着こなしや立ち姿の印象も変わってきます。

正しい姿勢を得るには、
「上半身のしなやかさ」が必要になります。

歳を重ねるごとに、背中のぜい肉が気になりますよね?
日常生活の中では、
前かがみになる以外に、ほとんど上半身を動かさないので、
意識的に動かさないと、どんどん背中が硬く丸くなってしまいます。

そこでラジオ体操第一の4つめの動き、
④胸反らし
上半身をしなやかに動かすための準備運動です。

まず、足を肩幅くらいに開いて、
両腕の力を抜いて、横に広げる。
肩よりも少し上で手のひらは上に向けること。
小指を遠くに引っ張るような感じで開くと、やりやすいですね。

「後ろに反る」と言うよりも、
「あばら骨を開く」という感じ。
胸を天井の方へ突き上げる感じです。
横から見ると、上半身がしなるように見えます。

blog0 (132)

気をつけたいのが、
後ろに胸を反らせる時に、腰から曲げないこと。

blog0 (134) blog0 (136)

写真のように、矢印の部分である腰から後ろに曲げると、
ほとんど背中は反れていないのが分かります。
顎を引いたり、下腹を前へ突き出したりしないとバランスが取れないので、
姿勢が悪くなるし、腰にもすごく負担がかかって、
腰痛の原因になります。

ウエスト(腰)よりも上の上半身を
前にも後ろにも(横にも)動かせるようになると、
深呼吸もしやすくなります。
正しい姿勢を身に付けるためにも、
怪我なくいろんな運動をするためにも、
まずは身体の柔軟性をアップしておきたいですね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する