ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
埼玉大学の菊原伸郎先生のご協力で、
サッカー部の学生さんたちにバレエのトレーニングを体験してもらいました!

以前から菊原先生とは、
股関節の可動域がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響について議論することがあり、
バレエのレッスンメソッドに基づいたトレーニングに興味を持ってもらっていました。
大学生たちがどのように感じるか、何がサッカーに必要だと感じるかなどを調査しつつ、
菊原先生の視点から、バレエトレーニングがどのように見えるか伺いたいと思い、
今回のトレーニング体験にご協力を頂きました。



バレエと言うと、踊りと柔軟性ばかりが注目されがちですが、
実は、体幹周辺の筋肉をものすごく鍛えています。
トウ・シューズやつま先立ちの不安定な姿勢で、
常に軸をまっすぐ維持しなくてはならないからです。

R0014114mini.jpg

そして、何よりも大切なのは姿勢です。
姿勢が悪いということは、軸が歪んでいるということになるので、
無駄な動きや無駄な負荷が身体にかかることになります。
自分の姿勢がどのようになっているか、
動いた時、ジャンプした時、姿勢がどのくらい歪むか、
鏡を見て、チェックしてもらいました。

今回は一度だけの体験なので、鏡で見ただけですが、
本来は、その姿勢を維持しなければならないので、
どの筋肉を鍛えれば、あるいは意識すれば、
真っ直ぐな軸を維持できるか、身体に覚えさせる必要があります。

R0014117mini.jpg

また、腕などの補助を一切使わずに、
高いジャンプをする練習もしてもらいました。
移動ジャンプは、空中の姿勢に気を付けて、
着地は、衝撃を和らげることにも気を使います。
着地について、ちゃんと指導してもらっている人は少ないと思います。
足の裏の使い方までしっかりできると、衝撃の緩和はかなりできます。

20141216saidai1mini.jpg

けっこうツライ内容のトレーニングになったと思いますが、
みんな楽しみながら、素直に一生懸命やってくれました。
どんな風に感じたのか、聞くのが楽しみです。

菊原先生はじめ、
埼玉大学サッカー部の皆さん、
そして、場所を貸して下さったダンス部の皆さん、
ご協力いただき、ありがとうございました!
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。