ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全寮制の女子中学生のサッカーチームである
小美玉フットボールアカデミーで、
バレエトレーニングを指導し始めて、1年半が過ぎました。
年に2回効果測定を行っていて、先月、今年2回目の測定を行いました。

今日は、その測定結果を見ながら、
選手自身に、自分の身体の状態や能力を知ってもらい、
バレエトレーニングをやる意味や身体のしくみについて話をしました。


<小美玉FA寮のリビングでモニタを使って話をする>

サッカー少女たちからすれば、
 なんでバレエなんかやらなきゃいけないの?
と思うのは当たり前だし、
ストレッチや柔軟なんて面倒くさいと思うはず。

だからこそ、
 なぜバレエトレーニングをやるのか?
ということをちゃんと伝えることは大事。

なでしこを目指すならば、
楽しいからサッカーやる!だけじゃなくて、
身体のことを考えなくてはならない時が必ずくる。
怪我をしてしまった時、スランプに陥った時、
自分の身体の状態を客観的に見て、
 今、何をしなければならないか、
自分で掘り下げて考える力が求められる。

とは言っても、がっつり解剖学セミナーじゃ面白くない!
骨のつくり、筋肉・腱・靭帯とは?という基礎的な話だけをして、
 自分の姿勢がどうなっているか、
 自分がどんな動きをしているか、

写真や映像を見ながら、みんなで考える時間。

こちらも、改めて解剖学を勉強し直して、何度も写真や映像を見直して、
分かりやすく、シンプルに、大事なことを伝えるにはどうしたらいいかを考え、
個人フィードバックシートとプレゼン資料を作成。
実は、中学生にプレゼンするのが一番難しいんですよ!



<自分の垂直跳びの映像を見て、空中の姿勢をチェック>

講座の中で、
何かを感じる子もいるかもしれないし、何も感じないかもしれない。
実際にトレーニングをやる中で、
感覚の違いに気づく子もいるかもしれないし、何も感じないかもしれない。

人それぞれ顔や身体が違うように、理解の仕方や考え方もみんな違う。
手を変え品を変え、言い方を変え見せ方を変え、
どこかで何かが少しでも伝わればいいなと思いながら、
毎回小美玉FAの選手たちと向き合っているわけです。

自分の身体は、誰かと取り替えることはできない。
でも、自分で改造することはできる。
アスリートやダンサーが目標を達成するためには、
自分の身体の特徴を把握して、能力を理解して、
身体を自ら作り上げなくてはならない。
自分の身体と真正面から向き合うしかないのです。

さて、選手たちには伝わったでしょうか…?
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する