ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
  • オーロラ姫の美しさの秘密

新国立劇場バレエ団の新シーズン最初の公演、
新制作の「眠れる森の美女」が終わりました。

今回は、公演プログラムに二人のプリンシパル、
米沢唯さん、小野絢子さんのインタビュー記事を執筆させていただきました。
お二人とも、とってもかわいらしくてステキ☆



「眠れる森の美女」のグランパ・ド・ドゥは、
バレエ学校の生徒だって踊るような超有名な踊り。
実際に、絢子ちゃんもアカデミー時代に踊っています。
オーロラのバリエーションも、
バレリーナの卵たちが、よく踊っています。
ローザンヌ国際バレエコンクールでもよく出てきます。

子どもの頃から親しんできたオーロラ姫を、
今、プリンシパルたちがどう踊るのか?

かつて私も発表会でグラン・パ・ド・ドゥを踊ったことがあるので、
大人になり、様々な経験を積み、プリンシパルとして、
どんな気持ちで踊るのか、とても興味がありました。



お二人とも、「眠り・・・」全幕のタイトルロールは初挑戦で、
1幕のローズアダージオのドキドキとか、
2幕の幻想のシーンをどう踊るのかとか、
今回の新制作に導入される、目覚めのパ・ド・ドゥとか、
3幕のグラン・パ以外のいろんな見どころが満載過ぎて、
観ているこっちもドキドキしてしまいました。



豪華で華やかなバレエの中で、
古典のスタイルをきちんと踊りこなしているプリンシパルたち。

ただ気になったことがあるとすれば、
衣裳がちょっとモサッとしているというか、
日本人体型に合っていないというか、
なんかスッキリ見えない昭和っぽいデザインでした。
髪飾りのつけ方とか、袖の長さとか、裾捌きとか、
あとチュチュのボディのカットの仕方とか、
すごーく細かいところなんだけど、
背が低くて手足の短い日本人のことを考えてくれたのかな?と。

あと、コール・ド・バレエがバラバラしている感じがして、
なんか気になりました。
キャストによっては、リラとカラボスの善悪の対比が弱い感じもあったし、
マイムに気持ちが込められていないように見えてしまう部分もありました。

先日のトークイベントで、
小野絢子ちゃんのリラの精のマイムを見てしまったからなのか、
物足りないところも気になりました。

まぁでも、今回が新制作なので、
これから少しずつ熟成して良いバレエになっていくことを期待しています。
バレエファンなら誰もが期待してしまう傑作バレエだけに、
こちらの求めるものも多いってことで、
辛口なコメント、ゆるしてください。
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する