ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
小美玉フットボールアカデミーの選手たちに
バレエトレーニングを指導し始めて1年半。
1年生は、ストレッチや柔軟に慣れるのに苦労していますが、
2年生は、柔軟、バー、ジャンプ、ステップなど、
様々なトレーニングプログラムにチャレンジしています。

半年に1回、股関節の柔軟性、バランス感覚、三段跳びの測定をして、
どのくらい効果があるのかを、指導している私もチェックさせてもらっています。

鳴門教育大学の南准教授とゼミ生の田村さんにご協力頂き、
一緒に研究してもらい、
スポーツ科学的な分析をして頂いています。


<片脚つま先立ち>

足の裏の感覚を研ぎ澄まして、
体重をかける重心の位置を定められるかどうか?
腹筋と背筋をコントロールしながら、
姿勢をまっすぐ保たなくてはなりません。
(本当はもうちょっと踵を上げて欲しいんだけど…)


<股関節の柔軟性チェック>

軸をブラさずに足を動かすために、
股関節の可動域を広げるようにしています。
身体が硬い子でも、毎日少しずつストレッチをやれば、必ず柔らかくなります。
背中、大臀筋、前屈などの柔軟性もチェックしています。


<片脚と両脚の三段跳びの距離を測る>

体重の移動をコントロールしながら、
姿勢を維持して床をしっかり押す力が求められます。


中学生になると、徐々に筋肉量が増えてきて、
柔軟性は伸びなくなってきます。
できれば、小学生のうちにストレッチの習慣をつけてくれると、
あまり苦痛を感じずに、柔軟性を維持できると思います。

数値的には、良くなったり悪くなったり、選手それぞれの結果でしたが、
どんな効果があるのか、
競技力にどう役立つのか、
まだ私にも分からないことが多いので、研究中です。
これからも身体をコントロールする能力を伸ばせるように、
指導していきたいと思っています。

小美玉FAの皆さん、お疲れ様でした!
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する