ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
二の腕のぷよぷよ振り袖をどうにかしたい!
という方へ。

バレエダンサーの腕や手の動きって、
とっても優雅に見えませんか?
普通の人が真似をしても、何かが違う。
ポーズをとるだけなのに、やっぱり違う。

腕の使い方にもバレエの動きのヒミツが隠されている!?

腕だけを動かそうとするからおかしなことになるのよね。
腕は背中からつながっているから、当然、姿勢が大事。
まずは、背中を真っ直ぐ伸ばして、
美しいデコルテラインを維持しながら、
肩に余計な力を入れずに、
基本姿勢(ブラバー)を取る。



この時に、注意しなければならないのが、肘の向き。
上の写真の右が正しいブラバー。
左は、肘が後ろを向いていて、背中が落ちている。
両肘を横へ向けるようにして、
脇の下に卵が入るくらいの空間を開けること!
背中の肩甲骨を横に広げるような感覚かな。

二の腕の振り袖に効くのが、
腕の2番ポジション。
カンタンそうに見えて、意外と難しいのよ。


横から見ると分かるように、
自分の身体よりも前で、
大きな風船を抱いているようなイメージ。

脇の下と、肘と、小指が一直線になるようにする。
背中から肘を横に張るような感じで、
二の腕に力が入る。
肩の三角筋もかなり疲れます!

↓ダメな2番ポジション

肘が背中よりも後ろに出てしまい、
姿勢が反っている状態。
しかも、肘が下向きになっていて、
全く二の腕に力が入っていない!
これではぷよぷよ振り袖がとれませんね。

たかが腕の動きだけど、
バーレッスンでもセンターレッスンでも、
腕はずーっと使うわけだから、
二の腕をほんのちょっと使うだけでも、
かなり効果あるんじゃないかな。
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する