ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
脚が開かない
という人へ。

バレエは、Turn-outと言って、
股関節から脚全体を外側に開くのが基本。
これは、股関節の可動域を広げることで、より大きく動き、
表現の幅を広げるために求められるわけなんだけど、
初心者に180度開くのは、まず無理でしょう。

Figure-3-Demiplie-in-First-Position-300x282.jpg
       <正しくTurn-outできている人のプリエ>

バレエに憧れて始めた人や、
早く上達したいと一生懸命になっている人ほど、
床との摩擦を利用して、無理に開こうとする人が多い。

これを続けていると、
膝に無理な力がかかってしまい、
徐々に痛みが出てくるはず。

見た目にたくさん開くことよりも、
動きの中で開いて使えるようになることが大事なので、
絶対に無理やり開いてポジションを作らないこと!


blog1 (19) blog1 (20)

無理に開くと、足の小指が浮いていて、
つま先の向きと膝の向きがバラバラになっている。
膝のところでねじれている状態。

blog1 (18)

無理に開こうとせず、
足の裏をべったりと床について、
つま先の向きと膝の向きを同じにすること!

プリエをすると膝の向きが分かりやすい↓
blog1 (16) blog1 (17)

今はそんなに開かなくても、
レッスンしているうちに、少しずつ開けるようになるはず。
柔軟をしっかりやってから、レッスンしてくださいね。

怪我をしない身体づくりも考えて!
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する