ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
3ヶ月に1回くらいのペースで、
バレエ作品を読み解く勉強会をしている。
舞台を観に行ったときに、ただ「きれい」だけじゃなくて、
ちゃんとバレエの中身を感じて欲しいから。

今日のバレエ作品は、「海賊」。

「海賊」と言えば、コンクールで踊られるバリエーションや、
ガラ公演や発表会などで踊られるグラン・パ・ド・ドゥは有名だけど、
あんまり全幕物って上演しないから、私も馴染みがない。
いろいろ調べて勉強になったわ。

ギリシャからトルコに渡る海賊たちの話で、
異国情緒たっぷりの衣装やキャラクターダンスが面白く、
奴隷の売買をしていた時代ならではのストーリー。
原作が詩だったからか、やや物語の流れに無理があるところもあるようで。。。

130321blog2.jpg
<奴隷のアリがかっこよくて素敵

あの有名なパ・ド・ドゥは、恋人同士の踊りではないのよ!
恋人同士+奴隷という3人のアダージオから始まる。
でもでも、観客はみーんな奴隷のアリに恋しちゃうくらいカッコイイ!
ストーリーの主役と、バレエダンサーの主役は、
ちょっと違うこともあるから、混乱しやすいかも。


もともとバレエというのは、王侯貴族たちの社交場で、
教養を身につけた紳士淑女たちが、
バレエ鑑賞の合間にコミュニケーションをとるところだったので、
うちのバレエサロンも社交場に。

バレエで人をつなぐ!

というわけで、毎回バレエ作品にまつわるスイーツを頂く。
今日は、バレエサロンに通っている お料理研究家のFさん お手製、
ギリシャの伝統的菓子「ブガッツァ」!

130321blog1.jpg
<甘いカスタードパイのようなお菓子>

薄い春巻きの皮のようなパリパリしたパイの中に、
あったかいカスタードクリームが入っているスイーツ。
 のちにヨーロッパ中のパイ系菓子に発展したんだろうか?
 アジアに広がって、春巻きになったんだろうか?
などと、いろいろな想像が膨らむ。

お茶を入れてくれたのは、ハーブコーディネーターのCさん。
あま~いブガッツァに、
少し苦みのあるタンポポコーヒーという組み合わせで、
とてもステキな時間を過ごすことができた!

ダイエットに効くバレエと、
ダイエットの敵のスイーツの
±ゼロのあま~い関係。
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する