ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バレエ畑の私は、スポーツ競技の中でも、
芸術性の問われるものについては、
ことのほか、厳しい目で見てしまう傾向にある。

blog_import_5112529220b73.jpeg

シンクロナイズドスイミングで、
ロシアチームがザクザクと金メダルを量産している。
実際に見てみると、その美しさたるや、
まるでバレエの舞台を見ているかのようだ。

なぜ美しいのか?

バレエダンサーの目から見ると、
ロシアの選手たちは、
バレエの基礎をかなりきちんと習得していることが一目で分かる。

つま先の伸ばし方から、筋肉の使い方、
足の開き方、挙げ方、顔を付け方、向き、角度など、
すべてがクラシックバレエの基礎から成り立っている。

ロシアには、ワガノワバレエ学校という、
世界的に有名なバレエダンサーを何人も排出している
歴史ある国立バレエ学校がある。

そのメソッドは、ロシアバレエの礎とも言えるもので、
バレエの歴史の中で作り上げられたものである。
世界三大バレエである、
パリ・オペラ座、
英国ロイヤルバレエ団、
ボリショイバレエ団のダンサーは、
それぞれオペラ座バレエ学校のメソッド、
ロイヤルバレエ学校のメソッド、
そしてワガノワバレエ学校のメソッドを
完璧に習得した者だけが入ることを許される。

シンクロのロシアチームの演技を見ていると、
同じメソッドでバレエをやっているのだと分かる。
だから、ズレないのだ。

ロシアチームの凄さは、ここにある。

どの選手も、同じメソッドで育っているということ。
それはつまり、
子どものときから、
シンクロの選手を育てる環境が整っているのだと思う。
一貫性のある選手育成が確立されている
ということなのだと私は考えている。

ロシアのシンクロ事情に詳しい方、
ぜひ情報を下さい!!
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。