ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も行ってきました!
バレエ用品店「チャコット」お買い物&朝食ツアー

20170424ba (13)mini

大人になってからバレエを始める方にとって、
バレエ用品店でお買い物するって、
ちょっと勇気がいるんですね。

キラキラしすぎてると言うんでしょうか。
レオタードを着るほどじゃないし、
何から見ていいかよく分からないし、
店員さんに声をかけられると緊張するし。。。

なので、毎年春になると、
新しいシューズやポアントを買うために、
生徒さんたちと一緒にチャコットに来るのです!

で、せっかく渋谷へ行くのなら、
VIRON(ヴィロン)で朝食をしてから!!
ということになり、毎年お買い物ツアーは、
朝食でのおしゃべりがセットになっていますwww



20170424ba (2)mini

≪ヴィロンのモーニング=2,000円≫
9:00~11:00
パン、ジャム6種、ハチミツ、チョコレートクリーム、コーヒーor紅茶、オレンジジュース
パンは、バゲットとセレアルに加えて、ヴィエノワズリーが2種つきます。
食べきれない場合は、お持ち帰りできます。

20170424ba (1)mini

そして、たくさんのコンフィチュール!
ストロベリー、オレンジ、アプリコット、ブルーベリー、フランボワーズにルバーブ。
ヘーゼルナッツのスプレッドと、ハチミツもあります。
エシレバターは有料になりますが、
バゲットに塗って食べると、最高に美味しい!

20170424ba (4)mini

紅茶とコーヒーが選べますが、
紅茶はポットで、コーヒーはおかわり自由。
幸せな朝食タイムを過ごしました!


そして、11時オープンのチャコットへ。
この春、ポアントに挑戦される生徒さんに合う靴を探します。
ポアント(トウ・シューズ)と一言で言っても、
こーーーーーんなにあります!
20170424ba (9)mini
<試着用のポアントがずらり・・・>

シューフィッターさんがアドバイスを下さるので、
初めての方でも合うポアントを選んでもらえます。

20170424ba (7)mini

私は、毎回初めてのポアント選びにはついていきます。
普段のレッスンで、その方の足の特徴や使い方などを見ていますし、
大人になってから始めるのは、怪我のリスクがとても高いので、
なるべく靴選びから見て、指導をしたいと思っています。

チャコットは、他にもいろいろな商品があるので、
お買い物しない方も、見ているだけで楽しいです。

20170424ba (10)mini
<子どものレオタードはカワイイ>

美しい衣裳が展示してあったり、
DVDやCDの視聴ができたりするので、
何時間居てもあきません。

20170424ba (12)mini
<入口に展示してあった衣裳>

生徒さんたちのお買い物ツアーは、
お昼すぎに無事終了!
美味しい朝食を食べて、
おしゃべりを楽しんで、
新しいシューズを買って、
明日からのレッスンがさらに楽しみになります。

大人のバレエの楽しみ方っていろいろありますね!
スポンサーサイト
新年度がスタートしました!
新しい生徒さんが増えてくる季節。
40歳から始めるバレエをやっていると、
バレエを初めてやる方の質問で一番多いのが、

「どんな服装でやったらいいですか?」

というもの。

いきなりレオタードなんて着れないし、
ピンクタイツを履くなんて勇気はないし、
身体のラインや太い足は見せたくないけど、
ジャージじゃちょっとダサいのかも…
ランニングウエアとか、ヨガをするような服?
みんなどんな格好してるんだろう?

大人になってからバレエを始める方にとって着るものは、
最初の大きな壁で不安いっぱいですよね。

fc2blog_20150608083246883.jpg
<子ども用のレオタード>


レッスンで何を着たらいいの?
という方へ。

大人になってからバレエを始めよう!
という決断をするだけで、スゴイことだと思いますので、
着るもので悩むのはもったいない。

バレエ雑誌に、レッスン着はたくさん載っているんだけど、
モデルやダンサーが着ていると美しい!
でも、自分とはかけ離れている、と思いますよね。
なので、ちょっと私のクラスの様子をお見せすることにしました。

全員大人になってからバレエを始めた方々なので、
参考になると思いますよ。

20160524ba02.jpg

スウェットなどのパンツをはいている方や、
黒いタイツに短パンの方もいらっしゃいます。
最近は、ヨガなどのウェアが豊富にあるので、
専門のバレエ用品店で購入しなくても、レッスンに使える服はいっぱいあります。

20160524ba01.jpg

40代~70代の方までが、毎週火曜日のレッスンにいらしています。
始めた頃は、身体のラインを隠すようなものを着ておられても、
徐々に、膝が伸びているかどうか見えるものに変わっていく方が多いです。
巻きスカートを自分で作る方もいらっしゃいます。

指導する側としては、やっぱり隠されると注意しにくいんですね。
膝が伸びているかどうか、
足首が伸びているかどうか、
正しく筋肉が使えているかどうか、
チェックできるようなレッスン着だといいですね!

太ってるから~とか、
恥ずかしいから~とか、
気になさる方もおられますが、
バレエ講師としては、太さは見ていないので、お気になさらず。

早く上達したい方、早く身体を引き締めたい方は、
なるべく身体にフィットしたものを着た方が良いですよ。
レッスンでもおしゃれを楽しんでくださいね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。