ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

12 ≪│2015/01│≫ 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
身体がかたくて開脚できない!
という人へ。

大人になってからバレエを始める人だけでなく、
最近は、小学生でも股関節が超かたい。
長座で座れないとか、開脚が60度くらいしか開かないとか・・・。
身体の中心にある最も大きな関節である股関節がかたいと、
骨盤の周りの筋肉がうまく使えません。
下半身の動きの範囲が狭くなって、
姿勢が悪くなり、転びやすかったり、腰痛が出たり、
いろんな怪我や傷害に繋がっていきます。

体幹を鍛えれば良いってことではなくて、
まず、関節の可動域を広げた上で、
正しい骨の位置を保つ筋力を鍛えなければ、
身体の動きに使える筋肉はつかないんですよ。
かたい身体で筋トレして、無駄な筋肉をつけるってことは、
身体に錘をつけてるのと一緒です。

よく見かけるのが、
無理にたくさん開脚しようとして、
やり方を間違えて、動きに使えない開き方をしてるとか、
股関節を痛めたりとか。。。

かくいう私も子どもの頃は身体がかたくて柔軟が大嫌いだった!
今でも好きではないんだけど。
でも、年齢とともに、身体はどんどん硬くなるので、
ちょっとした運動やストレッチはしておくべき。
気が向いたときにやるだけで、現状維持はできるかも。
もうちょっと頑張れば、今より柔らかくなるはず。
ダイエットと違って、柔軟性を上げるストレッチは、
努力した分、必ず成果が表れるので、やりがいはあると思う!

130312blog4.jpg
まずは、片足だけ横に伸ばして、
もう片方の足はアグラをかくように曲げる。
そして、曲げてる足側の手を上に伸ばしてから、
伸ばしてる足の方へ横曲げ~。


130312blog3.jpg
次に、身体を前へ曲げる。
お尻は、両方とも床につけておくのがポイント。
特に、伸ばしてる足のヒザが天井を向いてること!!
ヒザが前に倒れてきたら、意味ないですからね。



もう少し負荷をかけても大丈夫そうなら、
2人組でやる方法もある。

DSC_0300mini.jpg
下の腕を少し引っ張るようにして、
胸を前に向けながら、脇を少し押してあげる。



必ず反対の足も同じようにやること。
バレエは左右同じように練習するのが鉄則。
バランスが悪くなると、いろんなところに歪みが出てきちゃう。

DSC_0298mini.jpg
<小美玉フットボールアカデミーの選手たちも柔らかくなりました>

これがラクラクできるようになったら、
両足の開脚に挑戦してみて!
ヒザの向きは天井ですよ~
スポンサーサイト
  • バレエ的ラジオ体操のツボvol.3 胸反らしは背中を意識

ラジオ体操で姿勢を良くしたい!
という人へ。

大人になってからバレエを始める理由の中で、
「姿勢を良くしたい!」
という方はとても多いです。
姿勢が悪いと、
肩こり、腰痛、膝痛などの症状が出るだけでなく、
洋服の着こなしや立ち姿の印象も変わってきます。

正しい姿勢を得るには、
「上半身のしなやかさ」が必要になります。

歳を重ねるごとに、背中のぜい肉が気になりますよね?
日常生活の中では、
前かがみになる以外に、ほとんど上半身を動かさないので、
意識的に動かさないと、どんどん背中が硬く丸くなってしまいます。

そこでラジオ体操第一の4つめの動き、
④胸反らし
上半身をしなやかに動かすための準備運動です。

まず、足を肩幅くらいに開いて、
両腕の力を抜いて、横に広げる。
肩よりも少し上で手のひらは上に向けること。
小指を遠くに引っ張るような感じで開くと、やりやすいですね。

「後ろに反る」と言うよりも、
「あばら骨を開く」という感じ。
胸を天井の方へ突き上げる感じです。
横から見ると、上半身がしなるように見えます。

blog0 (132)

気をつけたいのが、
後ろに胸を反らせる時に、腰から曲げないこと。

blog0 (134) blog0 (136)

写真のように、矢印の部分である腰から後ろに曲げると、
ほとんど背中は反れていないのが分かります。
顎を引いたり、下腹を前へ突き出したりしないとバランスが取れないので、
姿勢が悪くなるし、腰にもすごく負担がかかって、
腰痛の原因になります。

ウエスト(腰)よりも上の上半身を
前にも後ろにも(横にも)動かせるようになると、
深呼吸もしやすくなります。
正しい姿勢を身に付けるためにも、
怪我なくいろんな運動をするためにも、
まずは身体の柔軟性をアップしておきたいですね。
  • バレエ的ラジオ体操のツボvol.2 腕回しで肩こり解消

ラジオ体操で肩こりを解消したい!
という人へ。

ちょっと前に「大人のラジオ体操」が流行っていたけど、
最近はあんまり話題にならないような気がする。
でも、ツンデレバレエサロンでは、
今でも必ずラジオ体操から始めます!
説明しなくてもみんな知ってるし、
たったの10分で身体がポカポカするし、
初心者の大人バレエの準備運動にはぴったり。

身体に効くラジオ体操のやり方を教えて欲しい!
というリクエストを頂いたので、
バレエ的な身体の使い方で、ラジオ体操をひも解いてみます。

まずは、ラジオ体操第一から。
♪チャーンチャララチャチャチャ・・・

①深呼吸 の次の動き
②屈伸とつま先立ち は、
すでに紹介したので、こちらをご覧くださいませ↓
★バレエ的ラジオ体操のツボvol.1

③両腕を回す!

肘をしっかり伸ばして、
両腕を遠くに引っ張るようにして、勢いよく回す
こと。
この時に、背中の肩甲骨から動かすように意識すると、
肩全体を動かすことで血流が良くなり、
肩こり解消になります!

blog0 (138)
肩甲骨を離すようなイメージ。
腕が上にくるときに、少し身体全体を引き上げるのもGood!


余裕のある人は、前で交差する腕に着目すべし!
右前と左前を交互にしてみてください。
変な感じがするでしょ?
無意識に、いつも同じ方ばかりで交差しているはずなので、
左右を同じように使うことで、
筋肉の左右バランスを整えることができます。

ラジオ体操なら1日10分でできるので、
運動嫌いの人も、ちょっと身体を動かしてみてくださいな。
大人のバレエサロンの踊り初め。
3週間ぶりのレッスンなので、
いつものラジオ体操とストレッチをしてからバーレッスンスタート。

やっぱりラジオ体操っていいね!

と実感しました。
 どこの筋肉を使っているか?
 どこを伸ばしているか?
を意識しながらラジオ体操第1と第2をすると、
たった10分程度で身体全体がポカポカしてきます。

バレエ的ラジオ体操のツボは、
これまでいくつかの動きを紹介したことがあるけど、
ちゃんと最初からまとめておこうかな、と思ってます。



生徒さんたちの踊り初めレッスンが終わった後、
ひとりポワントレッスンをしてました。
おかげであちこち筋肉痛 >_<
寝正月で怠けたせいです・・・反省。

バレエシューズとトウ・シューズでは、
もう全く別の次元と言っていいほど、
身体を引き上げる感覚が違う。
この不安定な靴の上に立ち、
手足を自由に動かすコントロールの技術と、
身体全体を使って表現をする力。
本当に奥が深いな~と改めて思います。



大人から始めるバレエサロンで、
夢の「トウ・シューズ」を履くために、
毎回レッスンを頑張っている生徒さんたちの前で、
恥ずかしくないように、自分磨きもしっかりしなくちゃ!
と思った踊り初めひとりレッスンでした。
あけましておめでとうございます!
大人から始める 明るく楽しく麗しいバレエサロンを目指して、
レッスンをしたいと思っております。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

明日から、2015年のバレエサロンがスタートします!
久しぶりのレッスンになりますので、
ストレッチや体幹トレーニングを多めにして、
お正月太りした身体を引き締めるところから始めようと思っています。

バレエサロン7年目になる今年は、
生徒さんのレベルも幅が広くなってきましたので、
初級レベルと中級レベルを分けて、
レッスンにいらした皆さんがココロとカラダをリフレッシュして、
ちょこっと厳しいレッスンが楽しめるようにしたいと思っています。
ぜひいらしてくださいね!

ballet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。