ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

11 ≪│2014/12│≫ 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
埼玉大学の菊原伸郎先生のご協力で、
サッカー部の学生さんたちにバレエのトレーニングを体験してもらいました!

以前から菊原先生とは、
股関節の可動域がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響について議論することがあり、
バレエのレッスンメソッドに基づいたトレーニングに興味を持ってもらっていました。
大学生たちがどのように感じるか、何がサッカーに必要だと感じるかなどを調査しつつ、
菊原先生の視点から、バレエトレーニングがどのように見えるか伺いたいと思い、
今回のトレーニング体験にご協力を頂きました。



バレエと言うと、踊りと柔軟性ばかりが注目されがちですが、
実は、体幹周辺の筋肉をものすごく鍛えています。
トウ・シューズやつま先立ちの不安定な姿勢で、
常に軸をまっすぐ維持しなくてはならないからです。

R0014114mini.jpg

そして、何よりも大切なのは姿勢です。
姿勢が悪いということは、軸が歪んでいるということになるので、
無駄な動きや無駄な負荷が身体にかかることになります。
自分の姿勢がどのようになっているか、
動いた時、ジャンプした時、姿勢がどのくらい歪むか、
鏡を見て、チェックしてもらいました。

今回は一度だけの体験なので、鏡で見ただけですが、
本来は、その姿勢を維持しなければならないので、
どの筋肉を鍛えれば、あるいは意識すれば、
真っ直ぐな軸を維持できるか、身体に覚えさせる必要があります。

R0014117mini.jpg

また、腕などの補助を一切使わずに、
高いジャンプをする練習もしてもらいました。
移動ジャンプは、空中の姿勢に気を付けて、
着地は、衝撃を和らげることにも気を使います。
着地について、ちゃんと指導してもらっている人は少ないと思います。
足の裏の使い方までしっかりできると、衝撃の緩和はかなりできます。

20141216saidai1mini.jpg

けっこうツライ内容のトレーニングになったと思いますが、
みんな楽しみながら、素直に一生懸命やってくれました。
どんな風に感じたのか、聞くのが楽しみです。

菊原先生はじめ、
埼玉大学サッカー部の皆さん、
そして、場所を貸して下さったダンス部の皆さん、
ご協力いただき、ありがとうございました!
スポンサーサイト
  • 女の子が大好きな「シンデレラ」

女の子が大好きなお話「シンデレラ」のバレエを観てきました。
新国立劇場バレエ団の12月公演は、
シンデレラ」と「くるみ割り人形」を隔年で交代して上演してますが、
今年は「シンデレラ」の年。(断然「シンデレラ」の方が良い!)
今日はほぼ満席でした。

シンデレラ役は小野絢子ちゃん、王子様は福岡雄大くん。
清楚で可憐な役は、この人以外いないと思えるくらい、
シンデレラにはまり役の絢子ちゃん。
孤独だけど健気な灰かぶり姿から、キラキラのお姫様になる変身ぶりには、
衣裳や舞台装置だけではない、この人からにじみ出るオーラがすごいと思う。
何度も踊っているだけあって、振りが身体に馴染んでて余裕があったし、
王子様も、登場シーンでおぉーと思える感じで良かったな~。
あとは道化の八幡くんが素晴らしかった!

20141214ono2mini.jpg
<年末恒例?プリンシパル握手会>

フレデリック・アシュトンが振付けた「シンデレラ」は、
英国ロイヤルバレエで、観客に愛され続けているバレエ。
「シンデレラ」のお話を知らない人はいないし、みんな大好きだもんね。
私は高校生の時に、ロドリゲス版の「シンデレラ」に出させてもらって、
なんて素敵なバレエなんだろ~って、踊りながら感動したのを覚えてます。

新国立劇場バレエ団は、国立だけあって衣裳も舞台装置もゴージャスだから、
本当に見ごたえあるし、夢見心地にしてくれるバレエ。
音楽もプロコフィエフなので、すっごくステキ。
それに、シンデレラの義姉たちを男性がコミカルに踊るので、
夢物語なのに笑っちゃうシーンもあって楽しい!
初めてバレエを観る方には、とってもおススメ。

20141214ono1mini.jpg

ただ、アシュトンの振付がけっこう複雑で難しいので、
プロコフィエフの独特の音楽に合わせてスピード感のある足さばきができないと、
何を踊っているのかよくわからないごちゃごちゃした感じになっちゃうんですよね。
足先をちゃんと使えるダンサーじゃないと、キレイに見えない・・・。
これは日本人にはハードル高いです。
新国立のソリストの方々は、やはりしっかり踊りこんでるなという感じがしました。
コールドバレエ(群舞)の方々にも、もうちょっと頑張ってもらいたいです。

新国立劇場バレエ団の「シンデレラ」は、来週まで上演していますので、
ぜひキラキラした夢物語を楽しんでみて下さい。

保育つきバレエサロンの冬コースがスタート!
今回もキラキラママさんと、
元気な子どもたちが来てくれています。



保育ルームは、
大田区で大人気の保育NPOの
ネットワークBearさんにお願いしています。
いつもみんなが一緒に楽しめる保育をしてくださっています。

20141211nb2mini.jpg

ママたちは、身体を動かしてリフレッシュ!
今日は、小野朝子先生のレッスンで、
つま先の伸ばし方を習って、
ジャンプしている空中のつま先を伸ばす練習をしました。

20141211hb6mini.jpg

なかなか思うように身体が動かない‼︎
これから2月まで、少しずつ練習して、
美しい姿勢を習いながら、
ジャンプもステップもできるようにしていきます。

20141211nb3mini.jpg

終わったあとは、
ハーブコーディネーター茶木さんの
スペシャルハーブティーでひと息。
風邪予防のために5種類のハーブをブレンドしてくれました。
ホッとするおしゃべりタイムを過ごします。

そして今回は、ティータイムに保育講座をやりました。
ネットワークBearの代表、
古澤里美さんの心が楽になる子育てのお話です。

初めて保育を経験するお子さんは、
ママと離れるのが寂しくて大泣きしちゃうんだけど、
ママだって葛藤しています。
泣いてる我が子を預けることないんじゃないか、
私がガマンして、家で過ごせばいいんじゃないか、
そんなことを思いながら、保育バレエに来てくださっています。

20141211hb5mini.jpg 20141211hb4mini.jpg

でもね、子どももママも、
仲間の中で学ぶことってたくさんある。
先輩ママからアドバイスをもらったり、
同じ悩みを持ってるママと出会って孤独から解消されたり、
ママ以外の大人やお友達と過ごして気づくことがあったり、
おもちゃの貸し借りができたり、
泣いてる友達を励ましたり、励まされたり、
人と関わる中で得られるものもたくさんある。

最初は大泣きしてた子が、
4回目には他の子を励ましたり、
ママに笑顔で行ってらっしゃいが言えたり、
そんな姿を見て、ママもホッとしたり、
怒鳴らないで笑顔になれたり、
お互いに少しだけ離れて見えてくることもあります。

古澤里美さんの子育て講座で、
些細な悩みや不安を解消したママたちが、
笑顔で子どもたちをお迎えに行ってる姿を見ると、
保育つきバレエサロンをやってよかったな~と思います。

まだ冬コースは始まったばかり。
泣いちゃう子もたくさんいるけど、
冬コースが終わる頃には、
保育ルームへ行くのが楽しみな子どもたちと、
バレエとティータイムが楽しみなママたちが、
笑顔で来てくれるようになっているはず!
私も楽しいレッスンになるように頑張ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。