ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

01 ≪│2014/02│≫ 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
とうとう初日を迎えた品川の保育つきバレエサロン。
水曜日の午前中ということで、
幼稚園ママさんたちには参加が難しく、
集客にかなり苦戦しましたが、
前日にお申込み下さった方もおられ、
和やかな雰囲気のクラスになりました!

初めてバレエに触れたママもおられ、
ラジオ体操からゆっくりスタートしていきました。



品川区男女共同参画センターのご協力もあり、
ティータイムに保育ミニ講座をすることができました!
保育をお願いしているNPO法人ネットワークBearの代表、
古澤里美さんに育児不安の解消につながるお話していただき、
参加者のママ同士で、子育ての悩みや気づきを共有しました。

1歳児を子育て中のママから、
小学生、中学生、大学生を子育て中のママ。
1人目の子どもを育児中のママから、
4人のお子様を育てているママ。
女の子1人のママから、
男子3人のママ。

それぞれの経験や立場から、
いろんなお話を伺うことができ、
皆さんでおしゃべりすることができました。



ひとことで「子育て」と言っても、
子どもはそれぞれみんな違うし、
ママもその時の状況や気持ちや立場が違う。
いろいろと悩んだり考えたりしながら、
たまにはこうやって情報交換して、
次へのステップにつながってゆくといいなと思います。



ネットワークBearの保育ルームは、
とっても楽しかったみたいで、
「帰りたくなーい!」と走り回っているお子さんもいました。
お迎えの時に、子どもたちが楽しそうに遊べていると、
ママたちはすごーくステキな笑顔になります。

子どももママもそれぞれ充実した時間を過ごしてもらえたかな。
また、遊びにいらして下さいね☆


バレエが初めての方のクラスです!
ラジオ体操から始めますので、どなたでもすぐにできます。
姿勢を良くしたい方、運動したい方、憧れのバレエをやってみたい方、
お子様もママも充実した楽しい時間をお過ごしください。

●日 時: 3月5日・3月12日 10:00~11:45
●会 場: きゅりあん(大井町駅徒歩1分)7階リハーサル室
●対 象: 子育て中のママ 先着15名
●受講料: 1回1,000円(レッスン、ティータイムドリンク代)
●持ち物: 動きやすい服装・ジャージ、厚手の靴下、タオル
●保 育: 先着6名までお子様をお預かりいたします。
 保育料: 1回1,500円(2時間の保育、おやつ代)
●お申込: http://form1.fc2.com/form/?id=493509
  • 新国立劇場バレエ団・三組三様の「白鳥の湖」

たくさんの感動をもらったソチ五輪、
とうとう終わってしまいましたね。
お家芸のバレエが開会式にも閉会式にも見られて、
普段ならスルーしてしまいそうな閉会式も、
存分に楽しむことができました。

2月は、とにかく白鳥漬けの日々だった気がする。
こんなに「白鳥の湖」づいてるのは、ダンサーだった時以来、
いや、それ以上に白鳥漬けだったかも!?



今回も新国立劇場バレエ団の公演プログラムに、
コラムとインタビュー記事を掲載させて頂きました!
そのご縁、というわけではないけれど、
今回の公演は、別キャストで3回鑑賞。

15日の初日に、小野絢子・福岡雄大ペアを2階席から、
16日に、米沢唯・菅野英男ペアを4階席から、
そして23日の最終日、長田佳世・奥村康祐ペアを1階席前方から。
それぞれに違う「白鳥の湖」を観ることができ、
クラシックバレエの奥深さを改めて感じた。

fc2blog_20140224003059362.jpg fc2blog_20140224003358e11.jpg

絢子ちゃんの白鳥は、ピュアで凛とした白鳥が際立っていた。
やっぱり彼女は、黒鳥よりも白鳥が光るなぁ。
福岡雄大くんは、足の具合が良くなったみたいで、
身体も絞れてきたし、王子のノーブルさをしっかり出せていたと思う。
第2幕の二人の距離感がとっても良い雰囲気でドラマチックだった。

米沢唯さんは、インタビューさせてもらったこともあり、
お得意の黒鳥よりも、どんな風に白鳥を踊るのか楽しみにしていた。
すごくしっとりとした白鳥になっていて良かった。
私は、彼女の2年前の初主演を観ていないのだけど、
いろいろ悩んだのかな、考えたのかな、と思いながら見入ってしまった。
逆に、十八番の黒鳥はもっとバーンって思い切り踊って欲しかった。
期待しすぎかなぁ?
菅野さんは、王子の雰囲気をうまく出しつつ、
きっちりとパを踊りこなしていて、表現力もあってとっても好感が持てた。
オディールに騙されて、うろたえるシーンは、
3人の王子の中で一番上手く表現されていた気がする。

長田佳世さんの主演は初めて観たけど、大人な雰囲気でステキでした。
以前から、正確に踊りつつ見せ場をちゃんと作れるダンサーだなと思っていたけど、
白鳥も黒鳥もとても美しかった。
どちらかというと、黒鳥の方が印象が強かったかな。
奥村さんの王子はというと、まず第一印象が「少年」。
バリエーションは、すごく美しくて正確でジャンプもターンも見ごたえがあるんだけど、
どうしても王子に見えず・・・。
大人な長田さんと組むと、余計に童顔が目立ってしまう気がする。
まぁ、経験と共に貫録も出てくると思うので、これからが楽しみなダンサーですね。



コール・ド・バレエは本当に素晴らしかった!
「白鳥…」では、どうしてもコールドにフォーカスして欲しくて、
コールドの魅力についての記事を書かせてもらったけど、
やっぱり4階席から観ると、息をのむ美しさ。
まるで一つの生命体のような一体感が観られて、
新国立のコール・ド・バレエのレベルの高さが感じられた。

全体を通して気になったのは、音楽のテンポ。
バクラン氏の指揮は、ダンサーの気持ちをちゃんと理解してくれて、
安心して踊ることができるのだけど、
それにしても、一曲の中でテンポが変わりすぎ!
1人1人のダンサーの踊り方を見分けて音楽を合わせてくれるのは、
すごくすご~くありがたいのだけれども、
テンポの変化が大きすぎて、オケの方がずれてましたよ。
振付側も、少し音楽の事を考えて欲しいな。
だって、チャイコフスキーの傑作なんですから。

記事を書くのに、「白鳥の湖」をいろいろと調べたり、
羽生結弦くんがエキジビションで「白鳥」を滑ったり、
ポアントクラスで白鳥のバリエーション踊らされたり、
ずいぶんお腹いっぱいになりました。
とはいえ、やはり古典バレエの最高傑作だな~と改めて実感。
ダンサー時代に、もっと勉強しておくべきでした。反省。

新国立劇場バレエ団は、
来週、新潟県柏崎市で「白鳥…」公演だそうです!
ご成功をお祈りいたします。
バレンタイン前日のバレエサロンで、
チョコトリュフを作りました!



6回コースの保育バレエのティータイムのうち1回は、
お料理研究をしている「蓮根の会」のご協力で、
ママたちにカンタンおやつ講座をしてもらってます。
子どもと一緒に楽しく作れる健康おやつで、
ハッピー子育てをサポート!
毎回、大好評のティータイム講座です。





今回は、バレンタイン前日ということで、
チョコトリュフみたいな「ころころココア」。



おうちですぐに復習できるお土産キットには、
ラッピング用の袋までついてて、
そのままプレゼントできるようになってます‼︎
スゴイ。

作った後は、もちろん試食会&おしゃべりティータイム。
講師の佐藤富美子さんのお話を聞きながら、
楽しい時間を過ごしました。



バレエサロンの甘い時間でした。
明日は、ママたちの愛のチョコスイーツが楽しみだね。
  • バレリーナ米沢唯さんのインタビュー

来週から新国立劇場バレエ団の「白鳥の湖」が開幕!
初日しか主演できない小野絢子ちゃんのプレミア(?)チケットをなんとか入手し、
今からどんな白鳥&黒鳥が観られるのか楽しみ。



今回も、公演プログラムにコラムを執筆させて頂きました。

バレエ鑑賞が10倍おもしろくなる!
「バレリーナの踊りの秘密」


主演の米沢唯さんのインタビュー記事、
コール・ド・バレエ(群舞)の美しさの秘訣、
の2つの記事を書きました。
公演をご覧になる方は、ぜひプログラムも読んでください!

jr_swan_lake_swans_line_blue_500[1]

「白鳥の湖」と言えば、
今やクラシック・バレエの代名詞とも言われるほど、
美しく壮大で豪華な古典バレエ作品。
しかし、1877年にボリショイ劇場で初演された当時は、
チャイコフスキーの音楽が素晴らしすぎて、
「バレエより音楽が目立って良くない」と酷評され、
たった数回で上演は途絶えたそうです。

その後、かの有名な振付家、プティパとイワーノフが再編成し、
マリンスキー劇場で再演し、大成功を収めたのは1895年のこと。
チャイコフスキーが初めて手掛けたバレエ音楽だったにもかかわらず、
「白鳥の湖」の成功は、彼の死後でした。

先日開幕したソチオリンピックの開会式でも、
チャイコフスキーの「白鳥の湖」の音楽が流れ、
美しいダンサーたちが踊っていました。

ウンチクを語りだすと長くなるのでこの辺にしときます。。。


今回の「白鳥の湖」プログラムのコラムでは、
多くのバレエファンが愛してやまない偉大な作品に、
ダンサーはどんな気持ちで挑むのか、どんな想いを込めて踊るのか、
黒鳥と白鳥の二役を一人で踊る技術と表現力と体力をどうやって身につけるのか、
今回の公演で2日間主役を踊られる米沢唯さんに伺いました。

また、「白鳥の湖」のバレエ作品としての価値を大きく高めている
白鳥たちの姿をしたコール・ド・バレエと言われる群舞が、
どうして美しく揃って踊ることができるのか、
ダンサーたちの細かいテクニックや表現について、
私の経験や知識、そしてダンサーへのインタビューも含めて、
初めての方にも分かりやすくまとめました。

お時間のある方は、ぜひ古典バレエの最高傑作、「白鳥の湖」をご覧あれ!


新国立劇場「白鳥の湖」特設サイト
  • ママのためのやさしいバレエ、品川区へ進出!

大田区で5年続いてきた「保育つき!ママのためのやさしいバレエサロン」が、
品川区で開催されることになりました!

★保育つき★
ママのためのやさしいバレエサロン
@大井町駅徒歩1分 きゅりあん





●日 時: 2/26、3/5、3/12 10:00~11:45
●会 場: きゅりあん(大井町駅徒歩1分)7階リハーサル室
●対 象: 子育て中のママ 先着15名
●受講料: 1回1,500円(レッスン、ティータイムドリンク代)
●持ち物: 動きやすい服装・ジャージ、厚手の靴下、タオル
●保 育: 先着6名までお子様をお預かりいたします。
 保育料: 1回1,500円(2時間の保育、おやつ代)
●お申込: ここをクリックしてお申込みください。

ママのための超やさしいバレエサロン@きゅりあん、先着15名です!
ママは、1時間のバレエレッスンと40分間のおしゃべりティータイム、
お子様は、2時間のBear保育プログラムを楽しみます。

バレエが初めての方のクラスです!
ラジオ体操から始めますので、どなたでもすぐにできます。
姿勢を良くしたい方、運動不足を解消したい方、
肩こりや腰痛でお悩みの方、憧れのバレエをやってみたい方、
少しお子様を預けて、自分だけの時間を過ごしてみませんか?


初めてバレエに触れたママたちがどんどんキレイになっています

保育は、ママが安心できるネットワークBearの保育プログラムを取り入れ、
初めて預けられるお子様でも、必ずお友達と仲良く遊べるようになります。
経験豊富な保育者たちが、楽しい手遊びやダンス、絵本の読み聞かせなど、
お子様の創造力を育み、お友達と一緒に過ごしながら、大切にお預かりします。

120621ballet7
子どもたちの創造力を伸ばすねんど遊び

レッスン後のママのティータイムには、子育てミニ講座や、
育児のちょっとした悩みや不安をおしゃべりし、
一緒に子育ての不安やストレスを解消して、
子どもたちもママたちも元気に笑顔になれる
充実した楽しい時間を過ごして頂きます。

お申し込みは、ここをクリック!
大変人気のある講座ですので、お早目にお申し込みください。

チラシ