ぽちっとお願いします!

ツンデレ先生のプロフィール

新居彩子

Author:新居彩子
ココロとカラダを整えるバレエサロンを運営しています!姿勢、体幹、柔軟性、バランス感覚、コーディネーションなど身体の正しい使い方を通してココロとカラダを元気にします。誰でもバレエを日常に取り入れられるライフスタイルを日々考えています。

レッスン受講者

レッスンクラス別の記事

ブログ記事カレンダー

08 ≪│2013/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラシックバレエの教室だから、
クラシックの踊りを練習するのは当たり前ですが、
バレエの舞台は、トウシューズで踊るだけじゃないんだな。

あの「白鳥の湖」でも「くるみ割り人形」でも、
ハンガリーやスペインやロシアなどの民族舞踊を踊る場面がある。
クラシックバレエは確かに美しいんだけど、
トウ・シューズに白いチュチュばっかりだと、
見ている人も飽きちゃうし、なんとなくのっぺりする。
胡椒のないカルボナーラみたいな、
山椒のないうな重みたいな。

coppelia_blog_header_0.jpg

バレエ用語では、「キャラクターダンス」と言って、
バレエダンサーは、民族舞踊も踊れるように練習している。

ブダペストに住んでいるときに、
本物のハンガリー舞踊を習ってみたけど、
バレエの舞台で踊るハンガリーダンスとはだいぶ違った。
民族舞踊とは言っても、バレエ用にアレンジされてるみたい。


で、
うちのバレエサロンでも、
キャラクターダンスに挑戦!!



クラシックバレエの踊り方とは違って、
いろんなステップが出てきて、
ペアになって踊ったりして、けっこうおもしろい。



12月まで「くるみ割り人形」の客間のシーンに挑戦します。
ステップははっきり、でも上半身は優雅に、顔はにこやかに、
できるようにいっぱい練習しましょう。
スポンサーサイト
4月から月2回のバレエトレーニングをしてきた
小美玉フットボールアカデミーの中学生たち。
だいぶ体幹が鍛えられ、
体の使い方がうまくなってきた。

今月から、
バランス感覚を養うトレーニングを開始。



ゆっくりなテンポの曲は、
子どもたちにとってはつまらないだろうな。
でも、重心をどこに置いて、足や体を動かすのか、
考えながら、感覚を磨きながら、
じっくりやって欲しい。

まだ姿勢をまっすぐ保っていられないけど、
これから徐々に直してゆきます。

  • バレリーナに聞く「踊りのヒミツ」

ドキドキわくわくしながら企画したイベントが無事に終わりました。

バレエ鑑賞が10倍おもしろくなる!
バレリーナの踊りのヒミツ

以前から、バレエ文化や歴史をもっと知ってもらって、
より楽しく、より深くバレエ鑑賞をしてもらいたいなと思っていて、
バレエ作品の解説をする勉強会は、うちの教室でやってました。
でも、やっぱり映像を見ながら解説するのが一番わかりやすい!
というわけで、思い切ったイベントを企画しました。

新国立劇場バレエ団のプリンシパル、
小野絢子さんをスペシャルゲストにお招きし、
DVD発行元の世界文化社さんのご協力を得て、
アラジン」と「くるみ割り人形」のDVD映像を流しながら、
バレリーナから作品の見どころや魅力を解説するトークイベント。

DSC_8658mini.jpg
<参加者の質問に答える小野絢子さん>

小野絢子ちゃんのお話を直接聞けるイベントは珍しく、
遠方から多くのファンの方々がいらっしゃいました。

DSC_8627mini.jpg
<スライドに合わせてトークをしていただいた>

バレエ鑑賞をしたことがない方にも、
分かりやすいようにスライドを準備し、
バレエの歴史や文化についても解説しました。

そして、ツンデレバレエサロンといえば、ティータイム!!!
もちろんここでも、美味しい手作りスイーツとスペシャルハーブティーをお出ししました。

130903bakraba.jpg
<アラビアのお菓子「バクラバ」>

作って下さったのは、お料理研究家の佐藤富美子さん。
バレエ作品の国や文化に関連したお菓子を研究してくださいました。
そして、お菓子に合うお茶をブレンドして下さったのは、
ハーブインストラクターの茶木さん。

昼の部の「アラジン」では、
アラビアのあま~いお菓子「バクラバ」に、
アラジンとプリンセスの出会いのきっかけになったリンゴを入れて。
お茶は、アラブ地方でよく飲まれるミントティーを使ったブレンドティー。

夜の部の「くるみ割り人形」では、
ドイツのクリスマスの定番お菓子「シュトーレン」。
お茶は、ルイボスティーとレモングラスのブレンドで。

DSC_8636mini.jpg
<お菓子について解説する佐藤さん>

美味しいお菓子とお茶があると、
たまたまお隣に座った方々ともおしゃべりが弾みます。

DSC_8642mini.jpg
<12月のくるみ割り人形の公演の紹介をする小野さん>

今回ご紹介したDVD「アラジン」と「くるみ割り人形」を
自宅でもっとゆっくり見たいという方のために、
小野絢子さんのサイン入りで販売させていただきました!

DSC_8607mini.jpg
<バレリーナの卵ちゃんのDVDにサインを書く小野さん>

大人向けのつもりで企画したトークイベントでしたが、
小学生や中学生の小さなバレリーナたちが来てくださいました。
未来のバレリーナのために、小野さんはやさしく質問やサインに答えてくれました。

大好評だったバレエトークイベント。
「次回はいつ?」というご質問をたくさんいただきましたが、
残念ながら、まだ次回の予定はありません。
またチャンスがあれば、ぜひ企画したいなと思っています。

ご協力をいただきました、小野絢子さん、新国立劇場バレエ団さま、世界文化社さま、
舞台設営をお手伝い下さった、竹中さん、渡邊さん、
いつもお世話になってばかりの佐藤さん、茶木さん、粕谷さん、
斎藤さん、横尾さん、山片さん、広野さん、南さん、
本当にありがとうございました。
保育つきバレエサロンを始めて、丸4年が経った。
去年くらいから、サービス内容や運営が安定してきて、
口コミだけで集客ができるようになり、
受講して下さっているママたちもリピーターが多くなり、
保育つきから、保育なしのバレエサロンに通ってくださる方も増えた。
通ってくださるママたちが、レッスンやティータイムを通じて、
どんどん仲良くなって、つながっていくようになった。


生徒さんたちが企画した
「バレエサロンのキラキラ納涼会」



ママたちは、2ヵ月前から日程調整をして、
今、保育つきバレエに通っている方も、
以前、保育つきバレエに通っていた方も、
保育つきを卒業して、大人バレエに通っている方も、
第2子を妊娠中で、今はバレエをお休みしている方も、
合わせて、20名も集まった!
スゴイ!!




子どもを育てたこともない私が、
2009年の9月に保育つきバレエサロンを始め、
最初は、バレエがママたちのストレス発散になればいいかな、
くらいにしか思っていなかった。

子どもたちを自立に導く素晴らしい保育者の方々に出会って、
楽しいレッスンをしてくれるバレエ教師に出会って、
ココロが癒されるスイーツとハーブティを作ってくれる方々に出会って、
そして、まさに子育て中のママたちとその子どもたちに出会って、
実際にやってみてから、初めて知ったことが本当にたくさんある。

バレエサロンでの出会いがきっかけで、
別のコミュニティがどんどん生まれていく。
なんだかとっても嬉しい。
これからもがんばろっと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。